慢性頭痛の悩みを解消する~痛みとの決別~

医者

慢性的な頭痛

頭痛の対処方法

医者

頭痛になった経験が一度もないという人はまずいません。インフルエンザにかかればかなり強い頭痛が発生しますし、体が極度に疲労しているような時にも鈍い頭痛が発生します。一過性の頭痛であれば、体を休めているうちに自然に治ることが多いですが、対処方法を間違ってしまうと慢性頭痛になってしまう可能性があります。一度慢性頭痛になってしまうと簡単に治すことができなくなってしまいますので、注意が必要です。 頭痛が発生した場合、そこから痛みを伝える物質が盛んに分泌されるようになります。その物質の刺激によって患部の周辺の筋肉が緊張度を高めます。その段階で痛みを抑えるための対処を施し、上手く頭痛の症状を抑えてやることができるのが一番望ましい形です。しかし、そのまま放置しておいたり、対処方法を間違えてしまったりすると、過度に緊張した筋肉の疲労が昂じ、そこからも痛みを伝える物質がたくさん分泌されるようになります。そうなってしまうと痛みの悪循環にはまり込んでしまいますので、なかなか治りにくい慢性頭痛になってしまいます。つまり、慢性頭痛にならないようにするためには、早期に適切な対応策を取ることがとても重要になってきます。

頭痛が引き起こされる原因は様々です。たとえば強烈な頭痛発作が起こる偏頭痛の場合は、脳の血管の拡張が痛みを引き起こす直接的な原因になっています。したがって、偏頭痛発作が起こった場合には、まず脳の血管の拡張を抑制してやることが必要になります。素人でもできる対処方法としては、痛みがある部位を冷やしてやるという行為が有効です。ただし、そもそも脳の血管が拡張する原因については、まさにケースバイケースだと言うことができます。特定の食品を摂取した時に血管の拡張が起こる人もいれば、台風が接近している時にこの症状が起こるという人もいます。また、近年では、精神的なストレスが原因で脳の血管の拡張が起こるケースがとても多いということがわかってきました。精神的なストレスに対する耐性には個人差があります。この耐性が低い人には頭痛が起こりやすい傾向が見られますが、精神安定剤などを服用することによって、頭痛発作の発生頻度を低くすることができます。そのため、今後は慢性頭痛の治療に精神安定剤が使用されるケースが増えるのではないかと考えられています。