慢性頭痛の悩みを解消する~痛みとの決別~

医者

病院での頭痛の治療

頭痛を治療する際の注意点

カウンセリング

頭痛はさまざまな原因によって発症する。肉体的な原因だけでなく、ストレスなどの精神的なことが原因で慢性頭痛になる場合がある。慢性頭痛は心療内科や精神科を受診することが望ましい。通常の内科の病院でも頭痛の治療は可能であるが、精神的なことが原因による慢性頭痛は、検査をしても原因不明であると診断される傾向がある。内科では鎮痛剤などが処方されるので、一時的に頭痛は改善するが、慢性頭痛を根本的に治療することはできないので注意を要する。心療内科や精神科では、精神的なことが原因の慢性頭痛を根本的に治療することが可能になる。頭痛の原因になっている心の症状を改善することによって、慢性頭痛を改善に導くことができる。心療内科や精神科では、精神的なことが原因の頭痛の改善には最適であるが、肉体的なことが原因で頭痛になっている場合には、神経内科や脳神経外科の方が適している。このように頭痛の原因によって治療に最適な診療科目が違ってくるので、病院を選ぶ時には注意が必要である。

緊張型頭痛の特徴

精神的なことが原因の頭痛には、緊張型頭痛などがある。緊張型頭痛は慢性頭痛の中でも最も多い症状である。緊張型頭痛はストレスの蓄積や過度な緊張によって発症する。緊張型頭痛の特徴は、頭全体を何かで締めつけられているような感じがして、鈍痛が長期間続くことである。通常の頭痛は発症してから数時間で収まるが、緊張型頭痛は1週間程度続くことがある。めまいや体のふらつきなどの症状が併発されることもあり、毎日のように鈍い頭痛が続く。緊張型頭痛は鎮痛剤があまり効かないことが特徴で、鎮痛剤を服用するよりも、抗うつ剤や抗不安薬などの処方が適している。そのため緊張型頭痛の治療は、心療内科や精神科が最適である。心療内科や精神科では、緊張型頭痛の原因になっているストレスや緊張などを解消する治療を行う。過度な緊張についても薬物療法によって治療することが可能である。心療内科や精神科を通院することによって、慢性頭痛の原因になっている心の病気を治療することができ、つらい症状を改善することができる。