慢性頭痛の悩みを解消する~痛みとの決別~

医者

つねに頭痛がする場合

慢性的な痛みに

医者

頭痛は脳に異常があったりして発症するケースもありますが、慢性頭痛の場合は脳にこれといった異常はないにも関わらず、痛みが発症することが基本です。そのために基礎疾患のない一次性頭痛に分類され、医療機関の検査などでもとくに原因が分からない場合もあります。それゆえに問診が基本となっており、さらに偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などに分類して治療に当たることが一般的です。そして大半の頭痛に関しては、この一次性頭痛に分類されることが多く、機能性頭痛や慢性頭痛とも呼ばれることがあり、おもに鎮痛剤などを服用して痛みを緩和させることがほとんどです。ただし痛みには個人差や種類によってもさまざまなので、中には鎮痛剤の効果が期待できないようなケースや、日常生活に支障が出るような重い症状のケースなどもあります。そもそも脳の解明そのものが現状ではまだまだな状態なために、慢性頭痛に関してもある程度のメカニズムは解明されているものの、痛みの原因そのものが分からないことなどもあるので、今後の研究の進展が期待されている分野でもあります。

痛みを緩和させるために

慢性頭痛の痛みの原因が判断出来た場合は、基本的にそれに合った対処方法を実行することが基本です。おもに分類される三種類の偏頭痛と緊張型頭痛、群発頭痛の場合、その種類によって対処方法は異なるので、医者の指示に従って治療に励むようにしましょう。もっともさほど強い痛みでない場合は、市販の鎮痛剤などでも対処が可能なケースもありますし、生活のリズムを整えたりストレスを溜めないといったライフスタイルの見直しや、適度な運動やマッサージ、エクササイズなどでも効果を得られることもあります。また食材に関しても、ビタミンが豊富な緑黄色野菜や、魚介類や大豆製品に多く含まれているマグネシウム、ハーブや漢方薬などといったさまざまなものが頭痛に効果的と言われています。そしてこういったことに加えて、痛みが強い場合は鎮痛剤を使用すると良いでしょう。ちなみに市販の鎮痛剤は、おもにイブプロフェン系とピリン系、非ピリン系の三種類が一般的で、その中でも一番ポピュラーなものは非ピリン系です。