慢性頭痛の悩みを解消する~痛みとの決別~

医者

頭痛対策

頭痛が起こる仕組みとは

女性

頭痛が起こる原因は様々ですが、何らかの原因によって痛みを伝える物質が大量に分泌されるようになる結果、頭痛としての痛みを脳が認識するメカニズムになっています。痛みがあると、どうしてもその部分にばかり意識が集中してしまいますので、痛みが発生している部分の筋肉が過度に緊張してしまいます。筋肉の緊張が高まれば疲労物質が蓄積されるようになりますので、筋肉自体にも痛みが発生します。その結果、相乗効果によって痛みを伝える物質の過剰分泌が起こり、慢性頭痛に発展してしまうケースがしばしば見られます。単純な頭痛よりも慢性頭痛の方が治療が困難ですので、慢性頭痛になってしまわないように注意することが大切です。慢性頭痛を回避する最善の方法は、気にしすぎないことです。もちろん重篤な原因疾患が頭痛の陰に隠れていることもありますので、気にしなさすぎるのも問題です。しかし、先程も述べたように、頭痛を気にしすぎることによって痛みを伝える物質の過剰分泌を引き起こしてしまう面があるのは事実ですから、あまり神経質になりすぎないようにすることが重要です。

運動の効用

頭痛が起こった場合、市販の頭痛薬を飲んで横になって体を休めるという人が多いですが、それが必ずしも正しい方法とは限りません。偏頭痛発作が起こっている場合は、頭痛の他に光過敏や吐き気などの副症状も起こっているケースが多いですから、まず安静を保つという対処方法は適切です。そもそも起きあがっていようとしても、気持ちが悪くて起きていられないというケースが大半ですので、静かで暗い場所で体を休めているのが一番です。ただし、市販の頭痛薬は偏頭痛発作には効きません。一方、頭がギューッと締め付けられるような頭痛が起こっている場合は、体を休めるよりも、適度な運動を行う方がよいです。このタイプの頭痛は、同じ姿勢を長時間取り続けたことによる肩コリや首コリから引き起こされている場合が多いので、体を動かして筋肉をほぐしてやると、痛みが治まることが多いです。軽い頭痛であれば頭痛薬の服用で治すことができますが、頭痛薬の飲みすぎは体に悪い影響があるため、あまり薬に頼りすぎないようにした方がよいです。ちなみに、おすすめできるのは軽いストレッチやウォーキングなどです。